素敵な恋愛をしてください
 

恋に落ちる時

高層ホテルに数泊している。 
大きいベットの上で、昼からシャンパンなんぞを傾けていると、 
支配人からの手書きの招待状が届く。 
 
最上階にあるバーで、今夜の九時からパーティーがあるらしい。 
 
どうせ俺には縁のない、本物の金持ちばかりが集まって、 
世の中の理不尽さを、皮肉を込めて小声で囁きあい、 
彼ら特有のユーモアというやつで、微笑し合ったりするのだろう。 
 
俺がこの高級ホテルに泊まれるのは、俺のチカラなんかじゃない。 
たまたま仕事で出会った金持ちに気に入られて、出張の部屋を取ってくれただけ。 
 
俺がバーの入り口から中を覗き見していた時、 
俺の左腕に当たりながら、少しよろめいてバーに入って行った女が振り向く。 
 
「あなた、もしかして一人?」 
 
俺の風情からは、決してガールフレンドの連れを想像できなかっんだろうと思う。 
な〜んとなく自分でも分かる。 
 
俺は、「まあ〜」と一言だけ、あやふやに答える。 
 
「じゃあ、私が今夜は付き合ってあげる」と俺の手とる。 
彼女は顔に出ないタイプなのかも。かなり酔っていたのかもしれない。 
 
俺達が連れ添ってバーに入っていくと、 
彼女を知ってる仲間達が、彼女に挨拶をしてくる。どいつもこいつも、大袈裟に。 
 
男も女も、チラリと俺を品定めするように目の隅で伺う。俺に点数を付けているのだ。 
 
彼女は奥のカウンターの上で、シャンパングラスを傾けながら、紙タバコに火をつけた。 
広いバーの中でタバコをすっているのは彼女だけのような気がする。 
誰も嫌な顔をしない。むしろ、彼女の喫煙は全てに受け入れられていた。 
 
2杯目のシャンパングラスを空にした後で、 
彼女は、たばねていた黒髪をバサッっと降り下ろす。 
 
俺は、輝くような気持ちで恋に落ちた。

 
PS.
もしあなたに、今も大好きな男性がいたとしたら・・・・
そして、どうしても、彼じゃなきゃイヤ、だったら。
 
彼に私をもう一度好きにさせる
★復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

9分間の無料ビデオ「返信され、彼の気持ちを独占してしまうメールの具体的な描き方」は必見!
 
元彼との復縁率97パーセント
★復活愛の方法・復縁ガイドブック〜復縁のプロが伝授する、元彼との復縁率97%!!

女性復縁マニュアルとして売上No.1の実績です。全額返金保証が付いています。